本物のカイロプラクティック学ぶならMCC横浜主催ECAコース

講師紹介

 

特徴1

触診・矯正を基礎から学ぶ

カイロプラクティックで大切なこと、それは触診です。各部位の触診を徹底的に行い、各パートが修了したら、矯正の講義を行っていきます。

無駄のない時間配分で、触診と矯正の講義、そして復習を可能にした独自の教育システムを実践します。

 

特徴2

基礎医学修了者を対象にした講義

カイロプラクティックを行う上で、基礎医学はとても重要です。しかし、この基礎医学を講義に入れると、とてもでは無いですが講義数が足りません。

そこで、今回は基礎医学を修了した国家資格保持者またはカイロプラクティックや整体それに準ずる学校卒業生(学生も可)を対象にすることで、基礎医学の時間を省略し、触診・テクニックの講義に充てることが可能になりました。 (最低限の基礎医学は講義内で行います)

 

特徴3

少人数制のメリットはマンツーマンで直接指導ができ、急速なレベル向上が可能なことです。学生も気兼ねなく講師に質問ができ、疑問点などはその場で解決できます。

一般的に行うセミナーは、人気の先生だと40〜50人近く集まります。先生から直接教わろうとしても、ものの数分で終わってしまいます。しかし、ECAでは最大人数を6人に設定してありますので、完全マンツーマンで行っていきます。

 

 

特徴4

質疑・応答

冒頭の20〜30分を質疑応答にあてます。前回学んだ事を復習してみて、または実際に患者さんの治療をして分からないことがあれば、解決の道を見つける為に、時間を設けたいと思います。

分からない事は分からないままにせず、解決していきましょう!!

 

このページのTOPへ戻る